【たからさがし】どこで見れる?あらすじと実際に見た感想【ネタバレあり】

たからさがし_あらすじと裏話

『たからさがし』は、ジブリ美術館で上映される短編アニメーションです。

原作は絵本で、ほのぼのとしたストーリーが特徴の子どもが喜ぶ作品です。

当記事では、『たからさがし』について内容や実際に見た感想について紹介します。

筆者のプロフィール
  • スタジオジブリから徒歩圏内の小金井市在住のジブリオタク
  • 好きな場所は三鷹の森ジブリ美術館
  • 最も好きな作品は「風の谷のナウシカ」

当記事はネタバレを含みますのでご注意ください。

目次

『たからさがし』のあらすじ・見どころ

『たからさがし』のあらすじは、ジブリ美術館のホームページ上では以下のように記載されています。

小さな男の子ゆうじと、うさぎのギック。

ふたりは同時に見つけた棒の持ち主を決めようと、競いあいをはじめます。

かけっこをしたり、幅跳びをしたり、お相撲をしたり。でも結果はいつもおんなじ。

そこで、ギックのおばあちゃんに知恵を借りることにします。おばあちゃんの決めた勝負は、「たからさがし」。

さて、ふたりの勝負はどうなるのでしょうか。

ジブリ美術館ホームページより引用

『たからさがし』の基本情報

脚本・監督宮崎駿
公開年2011年
原作絵本「たからさがし」(福音館書店 刊)
中川李枝子 さく、大村百合子 え
上映時間約9分

以下、『たからさがし』の魅力について紹介します。

原作どおり「走るだけ」のシンプルなストーリー

ストーリーはシンプルで、男の子とウサギが駆け回るストーリーです。

ストーリーはシンプルですが、アニメーションは躍動感があり見ていて気持ちいい作品です。

『たからさがし』について、パンフレットの中で鈴木敏夫プロデューサーが以下のようなエピソードを披露しています。

宮さんは「歩く、走るだけのアニメーションを作りたい」って以前から言っていました。それである時、「やっぱりこれがいいよ、鈴木さん」って言い出したのがこの『たからさがし』だったんです。

『たからさがし』パンフレットより引用

全力のゆうじとギックがとにかく面白い

『たからさがし』の原作者である中川さん、大村さんは生き生きとした子どもを描く作家さんです。

ジブリ版『たからさがし』でも、ゆうじとギックの動作にはこだわりが感じられます。

表情や動きから必死な様子や全力な様子が伝わってくる、さすがジブリとも言えるアニメーションです。

『たからさがし』を実際に見た感想

『たからさがし』は幼い我が子と一緒にみた作品ですが、子どもがとても喜んでいました。

シンプルなストーリーで「絵で魅せる」作品なので、子どもにも分かりやすいのでしょう。

大人の目線でもほのぼのと楽しめる作品です。

原作に忠実に作られているため「ジブリらしさ」はやや薄い作品ですが、細かい動作の描写はさすがジブリ、といった印象を受けました。

【どこで見れる?】『たからさがし』が見れるのはジブリ美術館だけ

『たからさがし』を見ることができるのは、三鷹の森ジブリ美術館だけです。

動画配信も無ければ、DVDも販売されていません。

また、ジブリ美術館でも常に見れるわけではありません

ジブリ美術館の小さな映画館「土星座」では、10種類の短編アニメーションが定期的に入れ替えで上映されています。

上映スケジュールを確認したうえで、ジブリ美術館のチケットを確保する必要があるのです。

上映スケジュールや作品の一覧等、土星座の詳細は以下の記事で詳細にまとめていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

当記事の拡散は大歓迎です

スポンサーリンク

目次