【おすすめジブリ本】ファンなら読みたいスタジオジブリ関連書籍を紹介!

ジブリ本_まつぼくらぶ

当記事では、おすすめのジブリ本(スタジオジブリ関連書籍)をまとめて紹介します。

当サイト管理人の読書記録も兼ねていますので、随時更新予定です。ぜひ、時々覗いてやってください。

筆者のプロフィール
  • スタジオジブリから徒歩圏内の小金井市在住のジブリオタク
  • 好きな場所は三鷹の森ジブリ美術館
  • 最も好きな作品は「風の谷のナウシカ」

以下目次から気になる箇所に飛ぶことができます。

ぜひ、お気に入りの一冊を見つけてみてくださいね。

目次

スタジオジブリ作品に関する本

まずはスタジオジブリ作品の理解が深まる書籍を紹介します。

作品単位で発行されているものが多く、好きな作品のものから読んでいくのがおすすめです。

ジブリの教科書

ジブリの教科書
ジブリの教科書(撮影:まつぼくらぶ)
タイトルジブリの教科書
出版社文藝春秋
出版日2013年4月10日
※第1巻の発売日
主な特徴ジブリ関係者インタビューや有識者による考察等、まさに「教科書」と呼ぶにふさわしい内容

全20巻(風の谷のナウシカ~思い出のマーニー)が出版されています。

宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサーのインタビュー等、ジブリファンなら読んでおきたいシリーズです。

当サイトではスタジオジブリ作品の考察記事も掲載していますが、執筆の際はこの「ジブリの教科書シリーズ」を大いに参考にしています。

なお、過去のインタビューを再掲載している場合がほとんどです。

その他の書籍も隅々まで読んでいる方には重複感があるかもしれません。

ロマンアルバム

ロマンアルバム
ロマンアルバム(撮影:まつぼくらぶ)
タイトルロマンアルバム
出版社徳間書店
出版日※基本的に映画公開時期に出版
主な特徴スタジオジブリ作品の公式本
関係者インタビューや設定資料がまとまっており、読みごたえ十分

ロマンアルバムは映画公開の際に出版されるスタジオジブリの公式ガイドブックです。

映画を深く楽しむのなら必読です。

スタジオジブリ絵コンテ全集

絵コンテ
絵コンテ(撮影:まつぼくらぶ)
タイトルスタジオジブリ絵コンテ全集
出版社徳間書店
出版日2001年6月30日
※第1弾出版日
主な特徴その場面の意図や背景が補足されていることもあり、新たな発見も多い

スタジオジブリ作品は徳間書店から絵コンテが発売されています。

絵コンテはいわば映画の設計書です。

作品をより深く楽しむためには、一度は目を通しておきたい資料です。

漫画のように楽しむこともできますので、おすすめです。

ジ・アートシリーズ

ジアートオブハウルの動く城
ジアートオブハウルの動く城
タイトルジブリTHE ARTシリーズ
出版社徳間書店
出版日※基本的に映画公開時期に出版
主な特徴イメージボード等、制作過程で描かれた資料が掲載されたアートブック

ジブリTHE ARTシリーズでは、様々なイメージ資料が掲載されています。

初期構想のイラストも多く、映画とは異なった設定のキャラクターを見るのも楽しいです。

ジブリMovieCollection(映画パンフレット)

パンフレット復刻再販!「ジブリMovie Collection」
パンフレット(撮影:まつぼくらぶ)
タイトルジブリMovie Collection
出版社東宝
出版日2022年11月1日
主な特徴公開当時の印刷原版をそのまま使用し、当時の状態を完全再現

映画公開当時、映画館で販売されていたパンフレットが、復刻されました。

当時の内容がそのまま再現されているため、時代も感じられる内容です。

以下の記事で購入方法から魅力まで紹介していますので、気になる方はぜひ合わせてご覧ください。

もう一つの「バルス」

タイトルもう一つの「バルス」 -宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代-
著者木原浩勝
出版社講談社
出版日2016年10月6日
主な特徴ジブリで制作進行を担当した木原さんが語る、ラピュタの制作現場

『天空の城ラピュタ』に制作進行として参加した木原さんが、ラピュタの制作現場や宮崎駿監督について語ります。

スタッフが語る書籍は珍しく、ここでしか明かされていないエピソードも存在します。

ふたりのトトロ

タイトルふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代-
著者木原浩勝
出版社講談社
出版日2018年9月6日
主な特徴ジブリで制作デスクを担当した木原さんが語る、トトロの制作現場

『もう一つの「バルス」』に続く、木原さんのトトロ裏話です。

こちらも独自エピソード満載で、トトロ好きなら読んでほしい1冊です。

『もう一つの「バルス」』もそうでしたが、不自然なほど鈴木敏夫プロデューサーがスルーされている点だけが気がかりでした・・笑

トトロの生まれたところ

タイトルトトロの生まれたところ
著者宮崎駿(監修)
出版社岩波書店
出版日2018年5月30日
主な特徴宮崎駿監督がトトロの舞台となった所沢を語ります。
所沢の草花をスケッチしたイラストが満載で、美しい1冊です。

正直情報量は多くはない本ですが、宮崎駿監督の所沢への想いが感じられる内容となっています。

「もののけ姫」はこうして生まれた

タイトル「もののけ姫」はこうして生まれた。
著者浦谷年良
出版社徳間書店
出版日1998年10月1日
主な特徴『もののけ姫』制作現場に2年間密着したドキュメンタリー番組の内容をまとめたもの

2年間の密着取材ということもあり、情報量は凄まじいです。

当サイトで『もののけ姫』の考察記事を執筆した際も、大いに参考にさせていただきました。

ただし、「もののけ姫はこうして生まれた」はすでに絶版本となっており、新品の購入が難しくなっています。

定価は2000円程度の本ですが、あまり状態の良くない中古本が安いもので3000円~4000円以上で出回っている状態です。

プレミア価格を理解したうえで購入することは止めませんが、個人的には図書館の利用もオススメです。

こういった書籍には図書館にはおかれていることが多いので、ぜひ近所の図書館も覗いてみてくださいね。

スタジオジブリ作品の原作本(特におすすめの3作品)

ここからは、スタジオジブリ作品の原作3作品を紹介します。

なお、スタジオジブリ全作品の原作は以下の記事でまとめていますので、原作が気になる方はこちらをご覧ください。

以下、特におすすめの3作品を紹介します。

風の谷のナウシカ(全7巻)

風の谷のナウシカ原作
ナウシカ原作(撮影:まつぼくらぶ)
タイトル風の谷のナウシカ
著者宮崎駿
出版社徳間書店
出版日2003年10月31日
※ボックス版の発売日
主な特徴全7巻の超大作(1・2巻の一部を映画化)
映画では明かされないナウシカの世界の謎も明らかに

全7巻にわたる壮大な作品であり、腐海の正体や人類の謎が明かされていきます。

映画で描かれているのは1・2巻の一部のみとなっており、ナウシカの世界観に浸りたい方は必読の原作です。

宮崎駿の雑想ノート

紅の豚の原作
飛行艇時代(撮影:まつぼくらぶ)
タイトル宮崎駿の雑想ノート
著者宮崎駿
出版社大日本絵画
出版日1997年8月4日
主な特徴宮崎駿が想像のままに制作した漫画・設定資料を掲載
『紅の豚』の原作となった『飛行艇時代』も掲載されている

『紅の豚』の原作である『飛行艇時代』の掲載が有名ですが、その他の掲載作品も魅力的です。

宮崎駿監督の趣味が存分に反映されており、楽しんで書いていた様子が伝わってきます。

※以下の記事ではさらに詳細に『飛行艇時代』について解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

魔法使いハウルと火の悪魔

魔法使いハウルと火の悪魔
ハウル原作(撮影:まつぼくらぶ)
タイトル魔法使いハウルと火の悪魔
著者ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
出版社徳間書店
出版日1997年5月1日
主な特徴子ども向けに描かれたファンタジー小説
映画とは似ているようで異なる描写が多い

大枠の設定は原作どおりではあるものの、ストーリーや登場人物の設定などは異なる点も多いです。

原作を読むことで発見できる設定もありますので、ハウル好きなら読んでおきたい原作です。

宮崎駿・高畑勲・鈴木敏夫に関する本

スタジオジブリといえば、やはり宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫なしには語れません。

それぞれが書籍も多数出版しており、自分自身やジブリ、アニメーションについて語っています。

ここからは、宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫に関するおすすめのジブリ本を紹介します。

天才の思考

タイトル天才の思考 高畑勲と宮崎駿
著者鈴木敏夫
出版社文藝春秋
出版日2019年5月20日
主な特徴鈴木敏夫が作品別に明かす制作の裏話
最初で最後の宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫の対談も収録

『天才の思考』はタイトルに「高畑勲と宮崎駿」と書かれているものの、スタジオジブリ全作品(風立ちぬまで)について語られています。

鈴木敏夫プロデューサーが当時を振り返り、数々のエピソードを明かしています。

作品別エピソードはジブリの教科書に収録されたため、両方読むと重複はありますが、珍しい対談は貴重です。

仕事道楽

タイトル仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場
著者鈴木敏夫
出版社岩波書店
出版日2014年5月20日
主な特徴鈴木敏夫が語るプロデューサー業
ジブリ作品の制作の裏話も多数明かされます

スタジオジブリのプロデューサーとして働き続ける鈴木敏夫プロデューサーの自叙伝のような内容です。

鈴木敏夫プロデューサーだからこそ語れるジブリの裏側も多数明かされており、ジブリファン必読の1冊です。

風に吹かれて

タイトル・風に吹かれてI-スタジオジブリへの道
・風に吹かれてII-スタジオジブリの現在
著者鈴木敏夫
出版社中央公論新社
出版日2019年3月20日
主な特徴ジブリに関する鈴木敏夫プロデューサーのロングインタビューを掲載

鈴木敏夫プロデューサーの生い立ちからジブリの立ち上げ、そして今後のジブリの考察と、鈴木敏夫の全てを追う内容です。

『天才の思考』のあとがきで鈴木敏夫プロデューサーは「天才の思考、仕事道楽、風に吹かれての3冊を読めばジブリの大体のことは分かるだろう」と記しています。

出発点

タイトル出発点―1979~1996
著者宮崎駿
出版社徳間書店
出版日1996年7月31日
主な特徴宮崎駿の企画書・演出覚書・エッセイ、講演・対談等90本を収録

宮崎駿監督の過去のインタビュー等を凝縮した内容です。

ジブリ作品に関するものだけではなく、アニメーションや本、趣味、思考など、様々な視点で語っています。

折り返し点

タイトル折り返し点―1997~2008
著者宮崎駿
出版社徳間書店
出版日2008年7月16日
主な特徴『もののけ姫』~『崖の上のポニョ』までの宮崎駿監督を凝縮した内容
『出発点』の続編

『折り返し点』は『出発点』の続編にあたるもので、1997年以降の宮崎駿監督が凝縮されています。

『出発点』と合わせて読んでおきたい1冊です。

風の帰る場所

タイトル風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡
著者宮崎駿
出版社文藝春秋
出版日2013年11月8日
主な特徴渋谷陽一氏による宮崎駿監督のインタビューを掲載
作品の意図から政治思想、歴史観など宮崎駿監督の核心に迫る内容です

出発点や折り返し点が宮崎駿監督の様々な資料を集約したのに対して、こちらは渋谷陽一氏のインタビューを1冊の本にまとめたものです。

インタビュアーが同じなので、話の流れに一貫性がある点が特徴です。

続・風の帰る場所

タイトル続・風の帰る場所―映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか
著者宮崎駿
出版社ロッキングオン
出版日2013年11月1日
主な特徴渋谷陽一氏による宮崎駿監督のインタビューを掲載
その名のとおり『風の帰る場所』の続編

『風の帰る場所』以降のインタビューを掲載した内容です。

『崖の上のポニョ』から『風立ちぬ』の間の期間の4本のロングインタビューを掲載されています。

映画を作りながら考えたこと

タイトル映画を作りながら考えたこと 「ホルス」から「ゴーシュ」まで
著者高畑勲
出版社文藝春秋
出版日2014年2月7日
主な特徴高畑勲監督の映画制作過程の思考がまとめられています

スタジオジブリの立ち上げ前の作品ですが、『太陽の王子ホルスの大冒険』『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』『じゃりン子チエ』『セロ弾きのゴーシュ』についての制作過程の思考を語っています。

貴重な論考集と言えるでしょう。

アニメーション、折りにふれて

タイトルアニメーション、折りにふれて
著者高畑勲
出版社岩波書店
出版日2019年7月3日
主な特徴『かぐや姫の物語』までの高畑勲監督をまとめたインタビュー・エッセイ集

高畑勲監督の全てが凝縮された1冊といっても過言ではありません。

初監督作品『太陽の王子ホルスの大冒険』~『かぐや姫の物語』までのインタビューやエッセイがまとめられています。

ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI

タイトルALL ABOUT TOSHIO SUZUKI
著者永塚あき子(編集)
出版社KADOKAWA
出版日2020年12月21日
主な特徴プロデューサー・鈴木敏夫の全てを凝縮した1冊

その名の通り、鈴木敏夫プロデューサーの生い立ちから現在まで、すべてを凝縮した1冊です。

大型のムック本でやや高額ですが、見ていて楽しい資料も数多く掲載されています。

なお、本書の内容をもとに展示会「鈴木敏夫とジブリ展」が各地巡回で開催されています。

『ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI』を読んだうえで「鈴木敏夫とジブリ展」に行けば、さらに楽しめること間違いなしです。

ジブリの哲学

タイトルジブリの哲学――変わるものと変わらないもの
著者鈴木敏夫
出版社岩波書店
出版日2011年8月11日
主な特徴ジブリの制作や鈴木敏夫の経歴について語る1冊
鈴木敏夫の過去の記事を編集してまとめられたエッセイ集

ジブリの舞台裏という意味では、『仕事道楽』や『風に吹かれて』とやや重複感はあるかもしれません。

題名の「哲学」というほど思想に迫るエピソードは多くはありませんが、鈴木敏夫が語るジブリのエピソードはやはり面白いです。

ジブリの文学

タイトルジブリの文学
著者鈴木敏夫
出版社岩波書店
出版日2017年3月29日
主な特徴『ジブリの哲学』の続編

「哲学」と「文学」で内容が異なるようにも見えますが、基本的には『ジブリの哲学』の続編です。

宮崎駿監督の引退撤回について語る様子も収録されており、比較的新しい内容には特に注目です。

その他おすすめジブリ本

その他、スタジオジブリ関連で出版されている書籍を紹介します。

幻の「長くつ下のピッピ」

幻の「長くつ下のピッピ」イメージボード
幻の「長くつ下のピッピ」イメージボード(撮影:まつぼくらぶ)
タイトル幻の「長くつ下のピッピ」
著者高畑勲、宮崎駿、小田部洋一
出版社岩波書店
出版日2014年10月9日
主な特徴制作に着手したものの実現しなかった幻の作品にスポットを当てた1冊

制作に着手したものの、原作者の許可が下りずに幻となってしまった『長くつ下のピッピ』に関する資料をまとめた1冊です。

アニメーション化は中断されてしまったため、残念ながら「ピッピ」を映像で見ることはできません。

それでも、資料はかなりの読みごたえがありますので、興味がある方はぜひ書籍を読んでみてはいかがでしょうか。

詳しい内容は以下の記事でもまとめています。

気になる方はぜひ、合わせてご覧ください。

スタジオジブリの 食べものがいっぱい

タイトルスタジオジブリの 食べものがいっぱい
出版社徳間書店
出版日2017年2月13日
主な特徴スタジオジブリ作品の食べ物に注目した絵本

ハウルのベーコンエッグ、ポニョのラーメン等、ジブリの食べ物に注目した絵本です。

子ども向けの絵本ではありますが、「ジブリ飯」を詳しく紹介する内容は大人でも楽しめます。

当記事の拡散は大歓迎です

スポンサーリンク

目次